FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

第9話『史上最悪の3日間』 貴様は何考えているんだ(考えてねーよ)。 コママンガ
わたしゃ、腐っちゃいねーよ、ただバカなバカなだけだ



発売中



結論から語ります。

「9話で敵のアジト進入成功」
「宇宙船には外壁よりもじょーぶなゴミ処理施設が存在する」
「似たもの同士はウマが合う」



「パンダビルの上司はみんなパンダ」

本日の労働者
サンドイッチマン+ティッシュ配り。
んなコンボみたことない
お昼休憩はありません



本日安藤家の食卓
じいちゃんの夜食。たっくんが心配で食事していない。
おにぎり(中身不明)キュウリの漬け物、タクアン
三日目の朝の食事。
焼き魚(たぶん鮭)、漬け物類、小鉢、お汁
朝食は和食派の様子
番外。パンダビル本日のランチ
A、カツ丼
B、もりそば
たぶんCはまたは本日のお勧めは、カレー




 船長の前で報告会。アクアル様はコスモカプセル二つ、サイクリードさん一個、でブレアードさんはゼロ。
 同僚からは笑われて、凹んでしまうブレアードさん。でいい方法を思いつきます。


 あいつらの武器にゃコスモカプセルついている。それをいただけば、問題無



 アクアル様なら考えられそうな作戦だが、弱気なサイクリードさんは無理だろうなぁ、これは。


 サイクリードさんのコスモカプセルを無断拝借してパンダビルへ。そこにまぁ、いろいろの苦労の末たどり着くたっくん。
 なんだかんだで、作戦成功と思いきや、海賊船にまでくっついてきてしまった、ライオ・たっくん。
 あーだこーだともみ合っていると、うっかりダストシュートへ真っ逆様。
 そこは、通信も届かず、攻撃も跳ね返し、ついでに出口もない。上のスイッチ一つで一分以内に壁が迫ってペッチャンコにされてしまう、恐怖空間。
 ふたりは閉じこめられてしまったのだ。



 いっぽう、海賊チームはまったく気がつかず、セイザーXチームは反応が消えた拓人を心配する。
 アド的拓人とは 「戦力」→本心は本気で心配。徹夜した。
 ケイン的拓人とは 「ともだち」→本人の前では「たっくん」と呼び、同僚の前では「拓人」と呼ぶケイン


 孤立した二人は、いがみ合いながらも、お互いの立場を知り分かり合う。
 ・ブレアードさん的考え「船長に認めて欲しい」
 ・たっくん的動機「じーちゃんに認められたい、越えたい」
 

1日目。
状況を知る、チョコレートを食いたがるブレアードさんに、拓人施し。だがチョコ落下。3秒ルールを持ちかけるがブレアードそれを拒否、唯一の食料を拓人一気食い(一部銀紙含む)



2日目。
時間をもてあまし身の上話をする。題材「戦う理由について」双方出た結論「そんな理由で戦っているのか(くだらない) 」
「倒せば認めてもらえるかも」という楽観論に発展。体力を消耗する小競り合いを起こし、それが無駄であることが、双方理解でき、雑魚寝



3日目。
お互い出会いを談笑。拓人、宇宙海賊脱会を提案。ブレアードそれを拒否。心を許しすぎたと後悔。


 進展。サイクリードゴミ投下。当時に圧縮ボタンを押す。

迫る壁のさなか、お互いの名を3日目で知る。ダストシュートの扉を壊し脱出成功。ブレアード、後ろから斬りつける機会もあったが、ライオ拓人を放り出す。

拓人、自力で帰宅。



世に言う
「極限状態で同情しちっゃて、仲良しに」
類例
・ストックホルム症候群
・吊り橋効果
・すりこみ
・プラシーボ効果

いろいろありますが、
「ダストシュート症候群」という言葉はないです。






 どっからつっこんでいいのか分からなくなるが、ギャグ八割シリアス1.5、パンダ未知数な1話。


◎今回の見所
「パンダビル」
「運命共同体」
「ブレアードさん、案外まじめ」
「パンダビルの耐震強度は花○」

●今回の心配事
「宇宙のほうが性に合っている」
→アクアル様はしらないが、どーも職業選択を間違えてる人が多すぎる海賊チーム
「エコ基準が高い宇宙海賊の船」
→つぶしたゴミはどう処理されるのかは不明
「3日徹夜したセイザーチーム」
「アクアル様は早寝である」
「どこに目をつけているのか分からない、パンダビルの職員」
「ところで、ブレアードさんが勝手に持ち出したクワガタ・コスモカプセルはどーなりました?」



◇安藤拓人の青春時代
家出、無断外泊はしなかった


☆判明したセイザーパットの通信圏内
・宇宙の果てでは圏外になる。宇宙船のゴミ捨て場は、特殊金属の固まりなので圏外になる。


★G2の謎
・だっこは可能
・ハイパー毒舌家……らしい

どーいうタイトルだ
憔悴しきった様子のたっくん
どこなんでしょーか
1日目
報告会
アクアル様、二つ
サイクリードさん、一個
ブレアードさん「おれは?」
アクアル様「考えるまでもなく、ゼロよ」
笑われているし、船長の言葉に
「ハイ」と元気に答えている
こちら
ティッシュ配り
アド「パンダビル屋上でコスモカプセル反応」
パンダビル
→先日のじーちゃん+ケインの改造でナビ機能も追加されビル名も分かるようになったようだ
じゃん
掲げています。こちらパンダビル屋上
勝手に持ち出されました
で、エレベーター
満員です
ちーん
どたばた
ナックルクロス
ライオセイザー
ちーん
OL「部長はパンダで、課長はアヒルだよー」
OL「そーかなぁ」
ごほん
ちーん
拓人「なぜ気がつかない……」
ものの見事なドロップキック
他人に当たって憂さを晴らす、心の曲がった拓人
ブレアードさん状況読めず
武器だせー
ぽちっとな
いただきー
ばいばいー
にゃろー
がらーん
じつは、くっついていた
不吉なボタン
うっかり押してしまい
ブレアードさんも巻き添え
ばったん
どこだここ
アクアル様「ブレアード帰った?」
サイクリードさん「帰ってきたら、コスモカプセル返してくれるようにいって」
アクアル様「自分でいいなさい」
早寝なアクアル様
腕十時固め
ブレアードさん「すごーく腕がやばい状況になってる」
必殺技だしたら、大変なことに
ここは、宇宙船のゴミ捨て場
出口はない
ケイン「ごめーん」
ケイン「エレベーター混んでてさぁ」
レミー「その格好できたの?」
通信するも
お互い届かず
ここはセイザーパット圏外です
こちら
たっくんの反応がないと家族に連絡
くたびれてます。ついでにお腹も減りました
じー
チョコあげようとしたら
おちた
たっくん「3秒以内だったら大丈夫だ」
ブレアードさん「んなものがくえるかー、お前のことは絶対許さない」
……3秒以上経過
食わないと聞くや
がつがつ
銀紙がーーー
2日目
じーちゃん徹夜
ままん、徹夜
で、不謹慎なことをいうG2
こちら
ブレアードさん「あの時、お前がいなけりゃ」
たっくん「じゅっ、十一回目!!!」
由衣ちゃん、心配で学校にいけない
じーちゃんにしかられた
くたびれている
こちら
まったく心配していない
ヒマだから話せよ大会
こちらライオン戦艦でうち合わせ
ケイン「拓人は友達」
なんでちきゅうにきたのさ
おれはじーちゃんに認められたい
なにしてんの
ブレアードさん「お前をやっつけたら船長認めてくれるんじゃないかなと」
おにぎり
なにも口にしていないじーちゃん
子供達のためにいつも大きな壁を演じてくれている、じーちゃんなのである
……テレ屋でもある
こちら
仲良く添い寝
3日目
ぽりぽりと、漬け物を食べる音
帰らず
ケインも探す

アドは憔悴しきっている

目の下熊
レミーちゃん「きっと今頃、寂しくて膝を抱えてるわ」
そーでもなかった
意気投合している
たっくん「やっぱお前らのしていることは、間違っている。やめないか?」
ブレアードさん「気を許しすぎた」
ぽち
3日がんばって作ったモノは失敗
ってどーみても、海賊船のプラモ
サイクリードさん「ちくしょぉぉぉぉぉ」
あぶねーっ
たっくん「んか、すっげー嫌な予感がする」
ブレアードさん「お、おれも……」
ぽち
ゴミ処理発動
パワーローラーがゴミを粉砕
壁が超圧縮
装着
えいやっ
ブレアードさん「攻撃は通用しない!!!」
たっくん「あきらめるな、扉を狙おう」
こころを一つに合わせるんだ
たっくん「オレは拓人、安藤拓人、お前は」
ブレアードさん「ブレアード」
たっくん「いくぞブレアード」
ブレアードさん「命令すんな拓人」
ふたりの共同作業
扉ぶっこわし
はい出る二人
奇跡の生還
喜び合う二人
ダストシュートのぞき込むたっくん
たっくん「壁くっついてる」
じー
背後を狙うブレアードさん
じー
……。
ん?
ぺっ
後ろから狙うようなことはしないっっ
OL「課長もパンダで部長もパンダ」
二人「結局、みんなパンダじゃん」
めりこんでる
かえってきた
くたびれている
へろへろ
たっくん「詳しい話はあとでする」
ただいま
ごはんごはん
アド妹に拉致られる
おかえり、拓人
まじめに報告
サイクリードさん、アクアル様「ブレアード!!」
サイクリードさん「すっごい武器思いついた」
アクアル様「作戦思いついた」
だれも心配していない
アクアル様「いたの」
船長「いままでどこに行っていた」
ブレアードさん「船長までっっっ」
泣く
こちら
いいやつだったな
かわらず

次回は
「鳥怪獣と、たそがれるブレアードさん」

「同じ人の家に遊びに行く??? 二人」
まみちゃん=レミーの中の人